文章力が上がる6つの方法

目安時間:約 4分

Ferretというサイトがあるのですが、そちらで勉強をしたことを書きます。

1・文章力はデッサン力であると認識する

Ferretでは、「文章力は絵画に例えると、デッサン力です」と言われています。
デッサン力とは、個性を前面にだす事を抑え、ものを正確に描写する能力のこと。
同様に、文章力とは、自分の言いたいことを過不足なく伝え、自分の個性は控えめにしておくこと。

サイトアフリではどう使えるのか?

1つの商品を紹介しようとして、いいところ(メリット)も悪いところ(デメリット)も伝える。
自分の個性の所はよくわからないですが、ゴリ押ししないことなのかな?

目的にあったスタイルを選択する

目的にあったスタイルとは、例えば日記だと個性を出し、おもしろおかしく書いたり、少し大げさに書いたり出来る訳です。
サイトアフリエイトでは、商品を紹介するという観点から事実をしっかり伝え、嘘や誇大広告はNGです。
また使用感を共感できるような記事を書くことでは無いでしょうか?
小説には小説の書き方、論文には論文の書き方、
その目的にあった書き方をすることで反応が上がるとFerretでは言われています。

自分の主張に自信を持つこと

人を引きつけようと思ったら、文章を断言していかなければなりません。
例えば、会社で上司が、「これはしないといけないとおもうんだけど・・・」って言われたら、(本当にしないといけないことなのか?)って思いませんか?
上司から「これはこうゆう理由でしないといけない!」と言われたらいい方はキツイかもしれませんが、(しっかりされている)と思い、(この人について行こう)と思いませんか?
ネットでも一緒で、「これはこうだから、こんな資料でも言っているし、だからこうするべきだ」と言われたら、信頼感は高くなるわけです。
また権威者になったつもりで歯切れの良い文を書いていきましょう。そうすると自信のある分になるし、信頼もされます。
しかし、知識をひけらかすような、鼻につく文はやめましょう。
本当の一流は自信があっても、謙虚です。

スポンサーリンク


草案を作成する

まとまった文章を作成する場合、草案、つまり文章の骨組みをある程度決めておき、それに肉付けするのがオススメです。
言いたいことを箇条書きでもいいので、書いておきます。
その際、主訴をしっかり決めておく事が大事です。またストーリーも大事なので骨組みの時にストーリーも決めれたら決めると、読みやすい文になるでしょう。
それだけでも文章力が上がる人が居るようです。

文章を書いては削るを繰り返す

まず文章が書けたら、その文章のファイルを2つ用意し、1つは削る、書くをして行き、文がおかしくなったら、元のファイルを見直す事をすると、良い文になっていきます。
長い文でも何が言いたいのかわからない文と、短くても何が言いたいのかわかりやすい文が、あったとしたら、主訴がはっきりしている文の方が、読んでいる方はわかりやすいです。
訴えたいことはぶらさないことも大事です。

時間をおいて読み返す

時間をおいて読み返すことによって、頭がフラットな状態で読めるので、おかしい文の言い回しや、誤字、脱字に気がつくことが多いんです。
これは必須です。
以上がFerretで私が学んだ内容です。
リンクです。
今すぐ実践できる!文章力がすぐにあがる10の手法
サイトアフリエイトをしている方のお役に立てれたらと思います。

スポンサーリンク


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメルマガは月1000円以上を稼げていないって方や
ポイントサイトで稼いでいて、しんどいと思っている方に
私だけの情報を発信していきますので
ぜひメルマガに登録してください。
もちろん無料です。
メルマガ登録
メールアドレス
名前
powered byメール配信CGI acmailer
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポンサーリンク


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
橋詰ってどんな人?
カテゴリー
最近の投稿