ターゲットを決めるときのヒント

今日、ふと思ったことを健忘ログとして保存しておきます。
 

 

今回思ったことは、
「情報商材を売るときに、どんな人がその情報商材を欲しいのか」を考えろ!!

って所はみんな言われていると思うのだが、

 

 

「じゃあどうやってほしい人を調べたらいいの!?」

 

 

ってところがみんな知りたいんじゃないでしょうか!?

 

 

 

私も知りたいです!!(笑)

 

 

 

 

知っている人は決して教えてくれませんよね。
お金を出したら教えてくれても、その調べ方ですよね。

 

そこで私はどうすれば、欲しい人(属性)を調べられるのか考えました。

 

 

よく教材とかでは、その情報商材の販売ページ、LPを見て、キーワードを抜き出して、複合キーワードを考えるって感じだと思います。キーワードから考えるってことですね♪

 

 

その方法もいいと思うのですが、今回は違う観点から考えていってみます。

その商品はどんなのか、どうゆう人に合っているのか、どんどん範囲を狭める方法です。

 

まず、その商品はどんなものかを考えてみましょう。目的ですかね。
そして、どうゆう人に合うかを推測しましょう♪マッチングですね。

 

 

んー、この部分がはっきり分かれば売れるだろうに…

 

答えを出そうとしたのですが、今回は無理でした。

 

 

ここまで読んでくださり何かヒントになればと思います。

image